こんにゃくの種類

形状

板こんにゃく 最も一般的なこんにゃく製品。
練って糊状にしたこんにゃくを箱型に流して固め、厚い板状に切ったもの。
料理の用途にあった切り方ができます。
突きこんにゃく 板こんにゃくをところてんのように押し出したもの。
ほどよいこんにゃくの食感をのこしながら、他の食材と組み合わせしやすい、
味が早くなじみやすいなどの利点があり、炒め物に向いています。
玉こんにゃく 練って糊状にしたこんにゃくを玉状に整形して固めたもの。
そのまま煮物やおでんに加えたりします。
糸こんにゃく(しらたき) 練って糊状にしたこんにゃくを細い穴に通しながらゆで、糸のように細いひも状にしたもの。
その様子が、まるで白糸の滝のようなので、「しらたき」とも呼ばれています。
短時間で味がなじむため、すき焼き等の鍋物や和え物に向いています。
さしみこんにゃく 他のこんにゃくよりも水分が多く、調理せずにそのまま食べられるタイプ。
青のりの他、唐辛子、ゆずなどもあります。
板状の他にそうめん状のものもあります。
わさび醤油や辛子酢みそ等につけて食べる他、サラダや和え物にも向いています。
ねじり糸こんにゃく 味しみ、歯ごたえが良くなるよう、ねじり状に仕上げたもの。


白いこんにゃく こんにゃく芋の精粉だけで作ると白いこんにゃくになります。
※精粉・・・こんにゃく芋を薄く切って乾燥させ、さらに細かい粉にしたもの。
黒いこんにゃく 精粉にアラメという海藻の粉末を加え、色をつけたものです。
生芋こんにゃく こんにゃく芋をすりおろして、作ったもの。芋の皮が入ってしまうため、
少し黒っぽく色が付きます。